読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

わりとイケメンな警察官、沢田氏(30歳)

朝早く少し小説を読んだだけなのに「意識高い系」と言われ その5

そんな、すごいとか思われるために話したわけでもなく・・ しかも意識高い系って、最近はいい意味で使われていない。会話をたくさん重ねた上での○○系ですね、ならまだしも、一つの部分だけを知って「意識高い系」なんて言われたくない。なぜか、沢田氏と話し…

田中の職場に行ってもいいかと聞かれ その4

何故にまだ付き合ってもいない、友達でもない沢田氏が田中の職場に来たいと言うのか。また、親や親戚でさえ、用事も無いのに職場に来るなんてあり得ないと思った田中。それに、自分から「職場に行きたい」なんてどんなに親しい間柄の人にも言ったことがない…

自信満々な沢田氏 その3

初めてお会いした沢田氏。こまかいことはあまり気にならないような豪快なタイプの方だ。警察学校に入ってから初めて剣道をすることになったが、同期の中でも自分が一番うまいと豪語する。そして、その後の配属先や昇進の仕方も自分が一番早くいいところにつ…

やはりタフな警察官の沢田氏 その2

居酒屋で初めてお会いした沢田氏は、元気いっぱいでハキハキとした方だ。 警察官の方と出会うのは初めてである。そういえば、警察官として採用された直後には警察学校へ入って、法律はじめ様々な勉強や剣道、体力作りもするといったことをどこかで聞いたこと…

わりとイケメンな警察官、沢田氏(30歳)その1

オーネットの掲示板を通して交流申請をいただいていた沢田氏、30歳。今まで、同年代の方は圧倒的に少なく、同い年というだけで田中は反応してしまった。ある意味貴重な存在だ。早速やり取りを始め、プロフィールの交換をすることで、お互いの顔写真が公開…