読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

個人事務所を設立して働く小島氏(38歳)

お会計にて、見たくなかったが その7

しかし、待ってもなかなか出てこない小島氏のことが気になり、そっとお店のドアに目をやると、どうやら小島氏は領収書を書いてもらっているようだった。その晩の食事代を経費で落とそうと考えているのだろうか、と思ってしまったが見なかったことにした。数…

興味を持たれていないことを肌で感じる その6

小島氏と初めてお会いした日。田中は小島氏のお仕事の話など、とても興味深く感じられ、またハキハキとした小島氏の明るい感じにも好印象を持った。だが、途中くらいからだろうか、あまりはっきりとは顔には出さないが、なんとなくこちらに対してはあまり興…

小島氏と初めてお会いした日 その5

お会いする約束をしていたその日。お互い同じ都道府県内に住んでいるということもあり、またお互いの職場も同じ地域にあることが判明したため、待ち合わせは職場の最寄り駅となり、お互い負担がなくお会いできた形となった。 こうして初対面の男性とお会いし…

急ではあるが その4

順調にメッセージのやり取りが進んでいた分、田中からのお誘いメッセージを送った直後に返信がなくなるのは、正直がっくりくるところがある。その日から約一週間が経ったころだろうか。小島氏から連絡をいただき、「返信が遅くなり、申し訳ありません。バタ…

返信が途絶える その3

小島氏に一度お会いしてみたいと思った田中は、さらりと「よろしければお会いしませんか」と送ってみたのだが、それまで順調にやり取りが行われていたにも関わらず、パッタリと返信がなくなってしまった。 何か気に障るようなことを書いてしまっただろうか・…

充実した生活 その2

小島氏のように専門知識をお持ちで、個人事務所を持ち、自営業として働くスタイルにはとても憧れがある。お声がかかれば現場へ赴き、それ以外は事務所もしくは自宅で依頼を受けているホームページの作成やその他諸々の作業をこなしていく・・ それなりに苦労…

個人事務所を設立して働く小島氏(38歳)その1

先日、田中は仕事の関係で外部の方と何度かやり取りをすることがあり、見た目から同年代だろうと思える方がいた。お互い名刺を交換し合ったが、仕事以外でその方に連絡をすることは到底できない。「勘違い」していると思われたくもないし、変なうわさがたっ…