読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

地方裁判所職員の国家公務員、中村氏(32歳)その6

中村氏と会った後、それではまた、と別れた。 オーネットの掲示板では、どちらかがブロックをしなければいつでも連絡を取ることができる状態にある。また、誰かと交際をするためなどで休会するときも、届け出を出すと、今まで連絡を取り合っていた人たちとは…

地方裁判所職員の国家公務員、中村氏(32歳)その5

中村氏のフルネームを知ったが故に、好奇心を抑えきれず、中村氏を検索してしまった田中。実際に会う前に、もし危ない一面を持った人だったら考え直せる、という考えもあったからだ。 見つかったものは、とあるフルマラソンに出場した際の記録と、大学生の時…

地方裁判所職員の国家公務員、中村氏(32歳)その4

中村氏とオーネットの掲示版を離れて携帯のメールでやりとりを始めた。どのくらいの頻度で返信をするべきか少し悩ましいが、中村氏が送ってくださるメールに近い形で田中も返信をすることに。 それにしても、まだ会ったことも無い男性とメールをするのって難…

地方裁判所職員の国家公務員、中村氏(32歳)その3

プロフィールの交換をしたことで、お相手の学歴や家族構成なども知ることができる。中村氏の最終学歴は、有名私大の法科大学院となっていた。現在、ご両親と同居で妹さんは一緒には住んでいないようである。そしてお顔も拝見する。 お、おおっ!!!! とい…

地方裁判所職員の国家公務員、中村氏(32歳)その2

「初めまして。散策や近隣都市へのお出かけがお好きなのですね。自然に触れると癒やされますよね。お休みの日はよく行くのですか?」 田中のプロフィール欄にそういったことを書いていたので、そこに少し触れてくれ、田中のことを知ろうとしてくれている姿勢…

地方裁判所職員の国家公務員、中村氏(32歳)その1

結婚相談所では、希望するお相手の年収を入力する箇所がある。田中は、なるべく多くの人と出会いたいと思い、希望年収350万円~とした。 相談所のアドバイザー曰く、「年収700万円以上」のように希望年収をしっかりと設定し、提示する女性が多いとのこ…