読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その11

古屋氏とは、田中なりに頑張ってはみたが最後まで居心地が悪く、それ以上時間を共有するのが難しかった。たとえ、おつきあいをするには至らなくても、その時間はそれなりに話をして過ごせるだろうし、お仕事の話なども聞いてみたいと思っていたので残念でな…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その10

食事中、「ここは払ってあげますから」と言われたが、その物言いに慣れず、ゾッとした田中。 もう早く切り上げることしか考えられなくなった。 食事の後お店を出たら、今日はこの辺で失礼致します、と言おうと決心していた。 すると古屋氏から、「よろしけれ…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その9

出会いから約20分で敷地内同居婚は無理だと判断を下した田中。 古屋氏は注文したワイングラスを飲む度に饒舌になっていく。 正直、会話についていくのも既にしんどいと感じていた。 なんだろう、この感じは・・。 一方的に話し続け、田中に話す隙を与えな…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その8

「結婚したら、祖父母、両親の住む敷地内に住む」という決定事項を突きつけられて面食らったが、「家を守る」「家を継ぐ」という家庭、いわゆる「本家」であると伝えられた。 家は代々長男が受け継ぎ、同居は当たり前、地元では知られた名士とのこと。 都会…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その7

出会って間もない初対面の男女。 お互いの緊張や慣れない感じをほぐすには、雑談も大切と考えている田中。 こちらから色々と伺ってみたい話も用意していたのだが、いきなり「結婚したら敷地内に住むこと」を決定事項として突きつけられた田中。 まさかの不意…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その5

当日、新幹線に乗って来てくださるのに、15時の待ち合わせって、古屋氏にとって時間がもったいなくないのか? 田中の住む県は観光地でもあるので、「お見合い」が終わった後にでも、それなりに過ごせるところはたくさんある。と考えたところで、もしかして…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その4

「ありがとうございます。それでは、その日の15時に某駅の○○改札を出た辺りでお会いしましょう。念のため、携帯番号は○○○ー○○○○ー○○○○ですが、メールはできませんので」とお相手からメッセージを頂いた。 新幹線で2駅の距離があるにも関わらず、近くまで…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その6

勇気を振り絞り、古屋さんかどうか尋ねた田中。 予想通り、彼はご本人だった。プロフィール写真とそう違いはないように感じた。 が、なんというか、田中が今までに出会ったことのないようなタイプの方だった。 田中の住む地域まで新幹線に乗って来てくださっ…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その3

アメリカでの大学院時代について聞いてみようと田中がメッセージを送る前に、古屋氏からプロフィールの交換をしませんか、とメッセージが届いた。 早々と交換をすることになり、露わになった古屋氏のプロフィール。 地方の国立大卒業の後、アメリカの院を卒…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その2

今朝、古屋氏から返信があった。 「メッセージをありがとうございます。私は、アメリカの大学院でMBAを取得しました。その後、現地の日本企業で2年働いた後地元に戻り、メーカーに勤務しています。通訳翻訳は業務のほんの一部です。」 アメリカの大学院…

留学経験有りのメーカー勤務、古屋氏(35歳)その1

田中は長年英語を勉強しているが、成果が全く見られない。 また、英語圏ではないが一年間の遊学経験がある。そのため、海外と関わる仕事をされている方や、語学を勉強されている方にとても興味がある。 昨日、男性方の登録一覧を拝見していると、「通訳・翻…