読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

自称グルメな男性 細川氏(36歳)

「ゴメンゴメンゴメン、ゴメンね!!」 その10

その横同士の席が極端に狭いおでん屋さんにて。細川氏がそっと田中のふとももに左手を置いてきた。田中は無言でその手を払いのけた。細川氏はまさかそんなことをされると思っていなかったのだろう。あわよくば、田中が見つめ返し、良い雰囲気になるとでも思…

ボディタッチで田中の反応を見たかったのだろうか その9

その狭いおでん屋さんでは、となり同士くっついて座っているようなものだ。隣のおじさんの肩は何度となく当たってくるし、誰かが席を立つときはその横に座っている方が、後ろに椅子を引いて場所を作らなければ立てない。そんな空間とは知らず、二軒目に誘わ…

ボディタッチは許さない その8

食事の後、細川氏ともう一軒行くことになり、着いたのはおでんの屋台風のお店だった。そのお店の狭い空間の中に容量を超えるほどの小さな椅子が並べられていたため、当然となり同士とても窮屈だ。窮屈というより、すでに肩があたる距離である。田中の右横に…

お店を出た後、そこでお別れかと思っていたら その7

撮った写真を誰に見られるかわからないし、何年も保存されても困る・・そんな思いで、一緒に写メを撮る事を断ったことで、細川氏は少し不機嫌になっていた。だが、さすが営業職の細川氏、お店を出た後には何事もなかったかのようにまた爽やかな笑顔を向けて…

ムッとする細川氏 その6

「せっかくなので、あの水槽を背景に二人で写メを撮りませんか?」 ・・・えっ、写メを? 二人で?? ここで??? お洒落な水槽を置いてあることが、そのお店を有名にしている理由の一つなのだが、その前でお店を出る前に一緒に写メを撮ろうと言われたのだ…

一緒に写メ? その5

細川氏は自称グルメとだけあって、予約してくれていたお店での食事は、どれもおいしかった。創作料理ということもあり、意外な組み合わせの料理もメニューにあり、盛りつけもおしゃれだった。いろいろと注文したのだが、からあげについてきたソースが洋風仕…

はぐらかすことができず、正直に答える その4

婚活で何人の方と既に会ったのか聞いてきた細川氏。その質問はタブーとすら感じていた田中は、うまくはぐらかすことができたと思ったのだが、更に突っ込んで聞いてきたのでたじろいだ。うまく返せないこともあり、田中は正直に答えた。すると細川氏は、「え…

それはタブーな質問 その3

結婚相談所に登録した際に、お相手にいつから婚活をしているのかといった婚活歴を聞くのは禁止です、とは言われていないが、やはりマナーの問題としてそういったことは聞かない方がいいと、アドバイザーの方にやんわりと言われたことがある。確かにこういう…

婚活で会った人数を聞いてくる細川氏 その2

予約していただいていたお店は、店内の真ん中に巨大な水槽がインテリアとして置かれ、その厚みがわずか30センチくらいのお洒落なつくりとなっている。その水槽を仕切りにするかのようにテーブルが配置されており、水槽の中にはこれまたお洒落な金魚が泳い…

自称グルメな男性 細川氏(36歳)その1

田中は、自分のプロフィール欄に「食べ歩き」が好きだと書いたように記憶している。婚活を始めるまで、週末は時間を気にすることなく寝ては起き、起きては寝て、とひっそりと過ごしてきたわけだが、いざ出かけるとなれば、あれこれ調べてよさそうなお店で食…