読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

断り文句なのだと思うことにした その8

婚活において、断るためにはバッサリと斬ってくれる人のほうが、良心的なのかもしれないと思うようになってきた。 田中が登録しているオーネットでは、連絡を取り合っていた者のどちらかが「ブロック」すれば、もうそれ以上連絡をすることができなくなる。だ…

婚活で出会っておきながら、「友達」でいてください? その7

鈴木氏は、がっちりとした感じではないが、昔野球をされていたようで、元スポーツマンという風格はある。今でもジムへ通ったり、休みの日がなかなか合わないが、草野球をしたりしているようだ。車の販売をされているので、初対面の人間相手でも、会話の運び…

ぷうん・・と臭う汗 その6

待ち合わせの場所に急いで走ってきてくれた鈴木氏。聞けばその日はお仕事で、販売店ではなく、車の親会社での会議に参加されていたようだ。 急いで駆けつけてきてくれたことには感謝しなければいけないのだが、鈴木氏のシャツと下着が汗でくっつき、額からの…

直前でのキャンセルとなったその夜、メールが届く その5

「今日は急なキャンセルとなってしまい、すみませんでした。また会う約束をしていただけますでしょうか。私は○日、○日、○日なら大丈夫だと思います。また田中さんのご都合を聞かせてください。」 そんなメッセージが届き、内心ホッとした。直前でのキャンセ…

むなしさが募り・・ その4

急なお客様との対応で約束していた日に会うことができなかった鈴木氏。 お客さん相手の販売職ならそういうことは多いだろう。 しかし、待ち合わせまでの間、駅構内のパウダールームで化粧直しと身支度を終え、さあいよいよ、といったタイミングで受けた連絡…

会う約束直前の、このタイミングで その3

仕事帰りに婚活のお相手と会う日は、職場を出るときにはできる限り地味な格好にしている。それは、その後の予定を悟られないためと、先輩女性からの詮索を避けるためである。 待ち合わせまでの時間に、田中は某駅構内にある有料のパウダールームを使用するこ…

婚活相手の方と会う直前に最近始めたこと その2

鈴木氏は、お客様相手の仕事ということもあり、お会いする約束をするのが難しいかと思っていたが、ある平日夜に約束をすることとなった。その日の鈴木氏は、朝早くから勤務となるため、夜のその時間は大丈夫ですよ、とのことだった。 汗の臭いが気になる季節…

車の販売会社勤務の鈴木氏(38歳)その1

オーネットを通して、鈴木氏から交流申請をいただいていた。 全体的に見て、登録されている30代の男性となると、40歳手前の男性が多い気がする。田中と同じ年齢の男性は、リストを見てもなかなか見つからない。 何度かやり取りを進めていくと、鈴木氏は…