読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

長野氏に対する印象ができあがってしまった その7

長野氏の人柄は、取り繕っているようなところもなく、良さそうだと感じた。が、確かに職場で辛い状況ではあるのだろうが、初対面の田中に同僚の方の愚痴を二回(食事中とその後の散歩)に分けて言ったことにより、長野氏のイメージが「愚痴が多い人」、「い…

バイキングでの食事を終えて その6

90分のバイキングだったこともあり、あと15分で時間です、とお店の方が伝えにきてくれた。 初対面でまだ慣れない間は、こうして終わりの時間を区切ってくれた方が、帰り際の切り上げ方について悩まなくて良いなと思った。 二人でその屋上を後にした。立…

初対面のときにそれはちょっと・・・ その5

体力が必要ではあるが、養護学校の生徒さんたちのことを心底大切に思っている長野氏が素敵だと感じた矢先、通常2人1組となって働くその相手の方の愚痴が始まった。 ここまで話すつもりもなかったとは思うが、勢いに任せてというか、どうしても思い出してし…

養護学校での仕事について その4

バイキング形式での食事だと、すれ違ってばかりになってきた。 取ってきた飲み物を長野氏に渡し、少し話しかけてみることにした。現在の勤務先の養護学校は、自ら希望を出して異動されたようである。 昨今の見聞きする学校問題は至るところで起きているよう…

バイキングだと落ち着かない その3

ほぼ食べ終えたときに、お店の方が気づいてくれて、長野氏に新たなお盆を渡してくれた。 田中はまだいくつかおかずが残っていたが、長野氏は、「また取ってきます」と言って席を立った。 一人ぽつんと残された田中。 でも、バイキングだから仕方がないか。。…

屋上でのバイキングにて その2

初めて会った長野氏は、プロフィール交換した写真通りで、少しぽっちゃりめの体格、人の良さがにじみ出ている風貌であった。 少し緊張をしているのか、その百貨店の屋上へと上がるエスカレーターの中でも二人の距離感が微妙すぎて、他の方々もいたため、特に…

養護学校勤務の教師 長野氏(35歳)その1

オーネットを通して田中にメッセージをくれていた長野氏と連絡を取り始めた。長野氏は田中と同じ県在住の養護学校で教師をしている。 田中は子供の頃、学校が大嫌いだったため、大学で教職課程を履修していたクラスメートを見ながら「すごいな」と感心しきり…