読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

建築会社勤務の営業職、白井氏(39歳)その1

  現在、同時進行でメッセージを交換している方々が5人いる。

その内の一人、白井氏(39歳)とは掲示版を通して数回のやり取りを終え、お互いのプロフィール詳細と顔写真を見るために「プロフィールを交換しましょう」という流れになり、それに同意した田中。

 建築会社勤務の営業マン、白井氏の年収は600万。

趣味は海外旅行とあり、海外に関心のある田中は話が弾むかも、と淡い期待を抱きつつ顔写真を拝見。特に苦手意識を持つこともなく、「普通」な印象。メッセージの交換も至って「普通」である。何往復かメールのやり取りをした後、白井氏から「一度お会いしませんか」とお誘いが。白井氏に対して負のイメージはなかったため、「是非」と回答する田中。

 すると、「では次の土曜日、某所イオンモールのカフェで。田中さんは、え~っと、16時45分から17時30分までです。」との返信が。

・・・ん? 何、この中途半端な時間は・・ しかも終了時間まで決めてくれている。

 婚活を始めてまだ間もない田中は、どういう感じで会うのか、どうするのが一般的なのかよく分かっていない。一回目に会うときは、手短かに終わらせるものなのか。ここは、提示いただいたことに承諾する形で前進してみようと思う。

 

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村