婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

すごく気になるその食べ方 その9

 

岡田氏と二回目にお会いした日。

 

岡田氏はビールを頼み、田中はウーロン茶にしたところ、「社会人なら相手が注文した飲み物と同じものを頼むべきだ」と言われ、一瞬固まってしまった。そしてすかさず、「まあ、いいんだけどね」と吐き捨てるように言われた。

相手に合わせる配慮がなかった田中も悪いが、まだよく知らない人とアルコールを飲む気にはなれなかった。酔っ払ってしまって迷惑をかけたくもないし・・

 

相変わらず無表情な岡田氏。

初めてお会いした帰り際には、少し人間味を感じたのは錯覚だったのだろうか。今日の岡田氏はまた別人のようだ。

 

飲み物が運ばれてくるまでのつかの間、重い沈黙を破りたくて、何か話しかけようにも岡田氏の素っ気ない素振りに負けそうになる。が、「今日はお仕事の後のお疲れのところ、お時間ありがとうございます。」とだけ伝えた。

すると、「いえ、今週は今日だけ定時に退社できたので。」とおっしゃった。

普段は、システムエンジニアとして夜遅くまで仕事をされて、休日もお客さんのところへ行っているようだ。今月は2日しか休みが取れないとも。

忙しいところ、こうしてお時間を作ってくださったことには素直に嬉しく思った。

 

やがて飲み物と料理が運ばれてきて、少しほっとする田中。向かい合って座っているだけよりも、飲食しながらのほうが何かと話題も見つかりやすい。

 

すると、岡田氏が右ひざをテーブルの上につきながら、腕だけを動かして食べ物を取り、食べ始めた。

正直、お行儀が悪いのではと思ってしまった。そして、見るからに「だるそう」なのだ。そう見えるだけかもしれないが、目の前の人に肘をついて食べられるとどうしても。。。

 

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする