婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

強引な誘い その5

  食事を終えて席を立とうとしたら、奧田氏に腕を捕まれてびっくりしてしまった田中。まさか、そんなことをされるとは思っていなかったので、驚きのあまり言葉も出なかった。奧田氏は田中の腕をつかんで、「バイクで来ているんだけど、後ろに乗らない?」と少しかっこつけて言ってきた。

 腕をつかみながら、顔を近づけて田中の目をじっと見てきたのが、反射的に目をそらし、とっさに手を払いのけた。そして、触られたことが不愉快に思えてきた。奧田氏は、壁ドンのようなことをしたかっただけかもしれない。が、こういうことは既に付き合っていて、相思相愛の二人だけに通用するものであって、初対面の、あまり好感を持っていない相手にされると、ただの迷惑でしかない。バイクの後ろに乗るなんて考えられない!!! 

「電車で帰るので結構です」と冷静に答えた。

 すると、「え~、ちょっとくらいいいじゃん、田中さんとバイクで少し走りたくて今日は磨いてきたからさ。バイクも見てもらいたいし!!!ね、ね!!!」と、バイクに乗せようとしきりにこういう言葉を投げかけてくる。田中はそもそも、まだよく知らない方の車や、腰に手を回して乗るバイクには乗りたくない。それにバイクは、ヘルメットを渡されてもかぶることに抵抗があるし、何よりもその日はスカートをはいている。またがって乗るには完全に無理なのだ。

 こちらが丁重に断ってもしつこく「15分だけでいいから!!田中さんの家の近くまで送るから!!!」と、押してくる。

 スカートでは本当に乗れないのだ。それに家の近くにまで来てもらっても困る。このようなやり取りが10分は続いただろうか。あまりにもしつこくて、「あの、そういう強引なところ、困るんです!!!」と強めに言ってしまった。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする