婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

美人以外は圏外か 気になったオーネット登録者の挨拶文シリーズその3

  男性陣の登録者リストを拝見していて、あまりにも正直すぎて逆に清々しいと思える方がいた。

「僕は、単刀直入に申し上げて美人な方が好きです。せっかくこの場に登録したので、美人な方との結婚以外は考えられません。効率よく婚活を進めていくためにも、我こそはという方々から申請いただけますと幸いです」

 

 ・・・こんな方は初めてだ。

 確かにこう書いたほうが効率よく進めていけるだろうが、逆にその美人に相手にされるためにはそれなりのものをお持ちでないと難しいのではないか、と人ごとながら心配してしまった。

 また、どんなに美人でも、こう書かれていると自ら申請するには気が引けてしまわないだろうか。この方にとって、美人かどうかの判断基準が違うかも知れない、とまた余計なことまで考えてしまった。美人であれば、他は許容範囲となるのだろうか。表面的なことばかりに目が行き、本質を見ない方なのかと思ったり、逆にそういうことは本当にどうでもよかったりするのか、謎が深まるばかりである。

 

 あれこれ突っ込んでしまったが、田中はお呼びではないことは明らかだ。

 この方の登録を拝見してから4ヶ月が経過しているが、今のところ「休会中」とはなっていない。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする