読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

朝早く少し小説を読んだだけなのに「意識高い系」と言われ その5

 

 そんな、すごいとか思われるために話したわけでもなく・・ しかも意識高い系って、最近はいい意味で使われていない。会話をたくさん重ねた上での○○系ですね、ならまだしも、一つの部分だけを知って「意識高い系」なんて言われたくない。なぜか、沢田氏と話していると無性にイライラしてくる。しまいには、「田中さんって・・なんか真面目って感じですもんねーーー」ときた。一体何を持って「真面目」なのだろうか。まだ田中のことをよく知らないのに、いちいち決めつけてこられると何故か腹立たしい思いがする。

 沢田氏は、元気があっていいのだが、普通の人より声が大きい。話していることが、きっと隣の隣の席まで聞こえていそうだ。きっと一緒に電車にでも乗ろうものなら、声が大きすぎて気まずい思いをしそうである。もう少しその場に合わせた音量で話してくれたらいいのに・・と沢田氏に対して思ってしまっていた。

 ああ・・早く帰りたい・・ 

初対面でそんな思いになるのも久しぶりだ。沢田氏とは調子が合わないし、あまり好感が持てない。

食べ物を注文することも少なめにし、苦笑いを浮かべながらなんとかその場はそれなりにやり過ごし、別れた。そして、今回で沢田氏とは終わった。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村