読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

気になっている方の存在を正直に話すことに その13

某信用金庫に勤める三村氏(38歳)

 

 そういえば三村氏は以前、「田中さんは現在、どなたかと交際寸前という状況ではないですか?」と聞かれていた。三村氏もまた、交際直前で断られるということを避けるべくたずねたのだと思うのだが、きっとこのようなことを聞いてくるくらいなので、慎重に物事を進めたいというのは痛いほどわかる。田中は、その気になっている方とはまだ会ってもいないし、今後会える可能性は低いかもしれない。だが、まだ少し期待をして返信を待っているところがある。三村氏には、交際直前まで進展している男性はいないと答えていたが、気になっている男性のことは伝えていない。田中は非常に失礼なことを承知の上で、三村氏に正直にこのことを話すことにした。これは田中にとってもとてもリスクがあると自覚している。三村氏の人の良さは感じている。だが、この気になる方からの返信を待ってみたいと思う勝手な気持ちもあり、三村氏と即お付き合いをするというにはまだ気持ちが追いついていない。それにしても、もっとはっきりできないものかと自分でも嫌になってしまう。今は二回もお会いした三村氏のことよりも、まだ一度も会ってはいないが、プロフィール欄から気になって一度メッセージを交わしただけの方のほうが気になる存在となっている。そんなことを、失礼ながらも三村氏に直接話した。すると、三村氏からは田中が想像もしていなかった言葉が返ってきた。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村