婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

後悔したり悩んだり その15

 

 田中はお付き合い寸前の男性はおらず、ただ気になっている男性がいるということは正直に三村氏に話した。といっても今後、その気になっている方と進展するかは未知数なのだが、このまま三村氏とお付き合いとなると、オーネットの専用掲示板がブロックされるのため、まだその方の個人的な連絡先を知らない段階で休会するともう連絡をとることができない。そんな田中の勝手な思いもあり、せっかくお付き合いをと言ってくださっている三村氏の好意を無碍にしたかもしれない。田中からの返事があるまで待つとおっしゃってくれたが、いつ三村氏の気が変わるかもしれない。こんなに優しい三村氏のような方は今後現れないかもしれない。そんなことを考え始めると、正直に話したことを激しく後悔し始めた。かといって、そのあとすぐに発言撤回、早速私とお付き合いください、とも言えず、実際そこまで気持ちが追いついていなかった。その日は、三村氏とそのカフェでお茶をした後に別れた。他の女性たちと会わないように休会して田中さんのことを待ちますとおっしゃってくださったのだが、そこまでしてもらっては悪いと、そこはどうか休会せずに、とお願いした。「田中さんからの返事をいただけるまでに、他の女性と会う必要も意味もないと思っています」ときっぱりと三村氏に言われた。田中も、三村氏に対して申し訳ない気持ちがあり、ここは一刻も早く、三村氏になんらかの返事をすることが礼儀だと考え、帰宅後、早速その気になっている方に連絡をしてみた。その方とは、一度やり取りをさせていただいたが、進展はせずそのままとなっている。田中が送ったメッセージが最後で、その後返信はいただけていない。この状態では今後、期待できないのだが、気になったまま三村氏とお付き合いに踏み切ることができなかったのも事実だ。一日、二日、一週間と返信のない日が続き・・・ 返信がないということはそれが答えだと思わなくてはいけないだろうか。 まだ一度もお会いしたことがないが、とても好感の持てる挨拶文に加え、田中の関心のある分野でのお仕事をされていたので、ぜひ一度はお会いできたらと思っていたのだが、田中がいいと思う男性のことは他の多くの女性たちにとってもいいと思われるだろう。また、この方は最近、新規登録されてきたので、新規バブルでお誘いも殺到していることだろう。もうあきらめるべきか・・そんな思いを抱えたまま二週間、三週間が過ぎた。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする