読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

後味の悪い最後のメッセージ その3

エンジニアの谷本氏(33歳)

 

 年齢が近いということで、是非お会いしたいと考えてやり取りをさせていただいている谷本氏。しかし、思うようにやり取りは進まず、自分に対して興味を持たれていないことは薄々感じていた。そして久しぶりに受け取った谷本氏からのメッセージにはこのようなことが書かれていた。

「田中さん、私は入会して1ヶ月が経ったのですが、連日たくさんの申し込みをいただいており、とても忙しくしています。お返事ができていなくてすみません。これほどまでに申し込みをいただけるとは思っていなかったので、全員とお会いするわけにもいかず、やはり優先順位をつけなくてはと考えています。そして、田中さんは残念ながら優先できないことになりましたのでご了承ください。」

・・・・なんだか、応募していた抽選にはずれたような、そんな気持ちにさせられ、優先されなかったみじめな思いを感じた。それにしても、もっとスマートに断ってくれたらいいのに・・と、そんなことを思ってしまった。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村