読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

初めて会う婚活相手の車に乗るには抵抗が・・その4

不労所得で生計を立てている柳田氏(39歳)

 

 まだお付き合いにも至っていない、婚活で知り合った男性の車に乗るには抵抗がある。今までも○○へ行きませんか、車で迎えにいきます、とおっしゃってくださった人がいたが、車内の近すぎる空間がどうも苦手だ。今回、初めてお会いする柳田氏は、てっきり電車でいらっしゃるのかと思っていただけに、車で登場するとは思ってもいなかった。当然、挨拶を済ませた後は「乗ってください」と言われた。また、写真を交換した時点で、おとなしそうな印象を勝手ながら持っていたため、初めてお会いした際、車の窓から腕を出して合図をするなど、とても驚いた。車に乗るように言われたが、何が何でも急すぎてためらってしまった。例え数時間、食事やお茶をして一緒に過ごしてからでも車に乗るのは躊躇してしまうのに、初めて会っていきなりというのは・・

 

 そんな田中の気持ちはよそに、「さ、乗ってください、後ろがどんどん来てしまう前に」と意外と強引だ。

「その予約頂いているお店はここから遠いのですか?」と咄嗟に口をついて出た田中の言葉に、柳田氏は「いや、すぐそこですが、駐車をしたいので・・」とおっしゃった。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

柳田氏の登場の仕方にびっくり その3

不労所得で生計を立てている柳田氏(39歳)

 

 ご両親を何歳の頃に亡くされたのかわからないが、もし田中が同じ立場なら、亡くした後しばらくは結婚について考える余裕はないだろう。ましてや婚活にいそしむ気力も湧いてこないだろう。39歳まで結婚されなかった理由は色々とあるだろうが、ご両親のことがあったからかな、と考えてみたりもした。

 

 柳田氏とは時間を置くことなく、メールのやり取りが進んだ。ビルとマンション管理をされているため、比較的自由に時間を使うことができるのだろうか。なかなかつかまらない方よりは良い。早速お会いすることになった。

 

 既に交換している写真を拝見すると、柳田氏はひょろりとした細身で、体脂肪なるものは持ちあわせていないように思える。身長174センチで体重が55キロとプロフィール欄にある。

 

 その日、田中の仕事帰りの19時に待ち合わせをしていた。

和食のお店を予約しておきます、と柳田氏はおっしゃってくださっていたため、お任せしていた。その日は、ある駅の改札を出た噴水広場の一角で待ち合わせをしていた。きっと改札を通ってこちらにいらっしゃるのだと思い、改札の方をずっと眺めているとメールが届いた。「田中さん、後ろにある交差点を渡ってバス停の方に向かってきてくれませんか?そこにいます」とのことだった。なぜそんなところに?と思ったが、そちらに向かってみると車の窓から腕を出し、ヒラヒラと手を振っている人が見えた。田中の後ろを振り返ってみると、他にも通行人はいたが、それは明らかに田中に向けられたものだった。約束の待ち合わせ場所から、てっきり電車で来られるのかと思っていたため、車での登場は予想しておらず、また写真から勝手に想像していたおとなしそうな雰囲気とは違って、田中はびっくりしてしまった。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

柳田氏のご両親は既に他界されているとのこと その2

不労所得で生計を立てている柳田氏(39歳)

 柳田氏は、ご両親が所有されていたマンションとビルの管理をしながら生活をされている。銀行へ行ったり、会計の先生方と会ったりすることはあっても、基本一人で過ごすことが圧倒的に多いとメールにあった。会社員なら返信できないであろう時間帯にメールが返ってくる。自由業というのだろうか、このようなスタイルで仕事をされていることが、正直うらやましいと思えてきた。

 お互いの合意の元、詳細プロフィールの交換を済ましているのだが、それによると、柳田氏のご両親は既に亡くなっていることが判明した。ご兄弟はお姉さんが三人。全員、既に嫁いでいらっしゃるようだ。

 柳田氏が39歳で、その上に更に三人もお姉さんがいらっしゃるということは、ご両親がご存命ならおいくつぐらいだったのだろうかと思ったりもする。今までオーネットを通じて出会った方々の中で、ご両親共に亡くされている方は初めてだ。

 まだそのことについて触れる段階でもないのだが、田中の職場の独身の先輩(50代)が言っていたことを思い出した。「この歳になると、同年代の人たちは親を亡くしている人が増えているから、今から結婚するとなると、親戚付き合いや義理家族との関係もなくてあっさりしたものだろうな」

 確かに、現実としてはそうなるのだろう・・と思った。 

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村