婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

田中の似顔絵をプレゼントされて その3

 なんと初めてお会いしてすぐに、「田中さんにサプライズです」と言って手渡されたものは、鉛筆でデッサンされた似顔絵だった。  

 えっと・・ これは一体・・  

何か返す言葉を探していると、「それ、オーネットの掲示板を通して交換した田中さんのプロフィール写真を見て描きました。実は僕、子供の頃に近所の絵画教室に通っていたことがあって、久しぶりに描いてみようと思って。田中さんの写真を見ながら、田中さんのことを考えながら描きました」と言われた。

 既に好きで付き合っている者同士ならば、こういうプレゼントは嬉しいかもしれないが、初めてお会いした男性から、田中の写真を見て描いた、しかも考えながら・・と言われると正直ゾッとした気持ちになってしまった。それに、プロフィールを交換することで、お互いの顔写真を見ることができるのだが、描いている間、そのページをずっと開けたまま、何度も見ながら描いたのかな、と思うとまたゾッとしてしまった。しかも、「サプライズで」とおっしゃっている。本来なら、驚いて喜びを露わにしなくてはいけない場面なのかもしれないが、田中は言葉を失っていた。

 服部氏はというと、そんな田中の気持ちを察するでもなく、「喜んでくれたかな?」と少し照れくさそうに聞いてきた。

 こんなプレゼント、一体どうしたらいいのだろう。手作りで気持ちのこもっているものを頂いて、こんなに困惑したことはない。

 でも、服部氏の「相手を喜ばせたい」という気持ちには感謝するべきだと思った。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする