婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

人生に疲れ果てたような青木氏 その3

 

 時折ため息をこぼしながらそうおっしゃった青木氏の背後には、黒い影が覆いかぶさっているかのように見えた。誰もがそれなりに、「あのとき、希望する学校に合格していたら」「あの会社で働くことができていたら」と考えることはあるだろう。大学入学直後の学生さんや社会人になりたての方ならまだそういう思いも強いかもしれない。しかし、青木氏はもうすでに38歳だ。そんなに過去のことにしばられて、後ろ向きな考えばかりでは、いろんな意味でもったいないと感じた。現に、目の前で田中が感じた青木氏の素晴らしいところをほめているのに、そんなにネガティブな思考では、どんな言葉も伝わらないのではと思ってしまったくらいだ。メーカーの人事部で働きながら、勉強もされている青木氏。充分素敵ではないか。とはいえ、人それぞれいろんな思いを抱えているのだなと思った。田中も、他の人からすれば非常にくだらないことで悩んでいると思われるだろう。婚活という先の見えないトンネルの中に入り込んで数ヶ月、どうすれば結婚ができるのか、悶々としてしまうことが最近は増えた。

 ため息が多い青木氏ではあるが、こういう話を聞いていると、生きていると色々あって、どうにもならないことや、はがゆい思いをすることはいっぱいありますよね・・ と心の中で共感し、なぜかしんみりとした気持ちになってしまった。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする