婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

ボディタッチで田中の反応を見たかったのだろうか その9

 

その狭いおでん屋さんでは、となり同士くっついて座っているようなものだ。隣のおじさんの肩は何度となく当たってくるし、誰かが席を立つときはその横に座っている方が、後ろに椅子を引いて場所を作らなければ立てない。そんな空間とは知らず、二軒目に誘われるがまま行ったため、その閉塞感と横との距離の近さに落ち着かなかった。30分もしたら出たいと思っていた矢先、田中の右側に座っていた細川氏が左手を田中のふとももにそっとのせてきた。

一瞬驚いて声が出なかったが、当たったのではなく、明らかにのせてきたのだ。「ちょっと、何するんですか!!!」と言いたかったのだが、そのような狭い空間で他のお客さんたちは気分良く過ごしている。大声を出すのは良くないと判断し、パッとその手を払いのけた。今日が初対面だ、まだつきあっているわけでもない。静かな怒りがこみ上げてきた。細川氏を見ると、まるで田中を試すかのような目をしていた。それは無言で送るサインのような気もした。こういうことができるのは、相当慣れているな、と思った。また、田中は軽く見られているのだろうかと、不愉快に思えてきた。

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする