婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

強烈な回答 その3

 どのような女性を結婚相手として探しているのかメールで聞いたところ、「何でも自分の言うことを聞いてくれる人」という答えが返ってきてびっくりした。

 この言葉から、強烈な亭主関白臭がした田中。

悪いように解釈すれば、相手を家政婦かそれに近い形で考える節があるのではないだろうか。それとも、尽くしてくれる人、という意味合いでおっしゃったのだろうか。

良くも悪くもとれる回答にモヤモヤし始めた。

 

 好きな気持ちがあるからこそ、相手の要求に応えたいと思えるようになるのではないだろうか。

 また、「何でも」言うことを聞くことが相手のためになるとも思えない。

そして、ここは婚活の場である。

まだお互いに恋愛感情を持っていない段階で、何でも自分の言うことを聞いてくれるかと面と向かって問われると、「はい」とは即答しがたい。。

 

 まあでも、どういう意味合いでおっしゃったかわからないので、一度お会いしてみたいとは思う。

 

 何度かメールを交わした段階で、岡田氏より「一度お会いしませんか」とお誘いをいただき、場所と時間が決定した。

 

応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする