読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活難民田中、只今迷走中!

週末引きこもりのアラサー女・田中。金曜夜は食料買い込み、月曜朝までごろ寝する。しかしこれでは本気でマズイと、自らムチ打って結婚相談所へ飛び込んだ。                                     

クリスマスが近づいてきたからだろうか その8

藤井氏とはそれっきり終わったと思っていたら、久しぶりに携帯にメールが届いた。一度お会いする前に、オーネットの掲示板から離れてやり取りをするためにプライベートのアドレスを交換し合っていた。一度お会いしてから時間は経っていたし、一度連絡を取り…

田中に興味がないのかと思いきや その7

藤井氏と向かい合って座って話しているのに、藤井氏は急にスマホの操作に夢中になっている。田中は、目の前の人を差し置いてでも連絡をしなければいけない緊急の際は一言断ってからにするが、藤井氏は普段からそのような感じなのだろう。申し訳ないような様…

スマホにのめり込まれると・・ その6

ついつい自分の価値観やルールが基準となって、お相手の方の言動を判断してしまうところがある。もっと寛容に、「あれ?」と思うようなことがあっても柔軟に対応したいとは思うのだが、そこが田中にとっては難しいときがある。初めに抱いた違和感は、結婚後…

そんなにスマホが手放せないなら その5

食事も終盤を迎え、食後のコーヒーが届くまで、藤井氏はスマホに電源を入れ、急に画面を操作し始めた。 ニュースが気になったのか、何かお知らせが届いていたのか・・ 一瞬で吸い込まれるようにしてスマホに夢中になり始めた藤井氏。田中が古い人間なのだろ…

スマホの画面を鏡のようにして前髪チェックをされる藤井氏 その4

数年前、平日の夕方頃だっただろうか。その日、田中は仕事を早退をして、普段は乗らない時間帯に電車に乗っていた。すると私立高校の男子生徒複数が座っており、一人は小さな手鏡を持って自身の眉をチェックしていた。もう一人は、細長いクリップで前髪を横…

人との距離間 その3

距離を縮めるためだろうか。親しみを込めた表現なのだろうか。初対面での食事も中盤に差し掛かったころ、田中のことを「田中ちゃん、田中ちゃん」と呼び始めた藤井氏。この呼ばれ方、嫌ではないのだが、初対面の方にそう呼ばれると、一気に距離を縮められた…

「田中ちゃん」「田中ちゃん」と呼ばれ その2

初めて藤井氏と待ち合わせをしていたその日。待ち合わせ場所では、拝見していた写真より少し落ち着いた感じの藤井氏がいた。仕事モードのときと、プロフィール用の、きっと休日に撮影されたであろう写真とは少し雰囲気が違っていた。とはいえ、髪型は少しお…

婚活史上一のイケメンさん その1

最近、身近な命の死に直面した。ショックと悲しみの中で、それでも仕事を休み続けるわけにはいかず、取り敢えず職場へ行って帰っては来ているのだが、心にポッカリと穴が開いたままの状態が続いている。何をしていても、思い出しては涙が込み上げてくる。ブ…